HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

エコバッグでお買い物

最近資源の問題から、自分に何ができることはないかと思いました。 そんな時スーパーのレジ袋が有料になるということから、エコバッグを購入することにしました。 タイプもさまざまあるのでどれが良いか悩んだくらいですが、選んだものはほどほどのサイズのものでした。 これがとてもよかったのか、入りきれなくなって有料のレジ袋を買うのはいやだという思いから、欲しい商品をメモしてからスーパーに行き購入するようになりました。 そのおかげで必要な商品以外のものを買うことがなくなり、賞味期限が切れて廃棄処分ということも減りました。 エコバッグを使うようになったことで、必要なものしか買わなくなり、自然とエコな暮らしにシフトされていきました。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成の公式サイト
会社案内 大塚和成氏が関わった案件では、21LADY(名証セントレックス)おける委任状争奪戦(上場企業の株主総会において創業者社長の再任議案が否決された事例・提案株主側)(2018年)。 弁護士在職中は、経営支配権争いや商事裁判を得意分野とし、多くの著名事件を手掛けた。2011年7月に二重橋法律事務所の代表として独立、多くのクライアントからの支持を受け急激に事務所を拡大した。2018年2月にOMM法律事務所を開設、現在に至っている。 具体的には、私自身が案件の詳細を把握し、自ら手を動かし、調査し、方針決定を行います。これにより、直接クライアントに寄り添った問題解決に努めます。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。