HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

復興には継続的な支援が必要

日本は災害が多い国です。地震や天候以上による洪水などが起きると、多くの被害が出ます。被災したことにより家を失ってしまい、公民館などで生活する人が少なくありません。家が壊れたことにより、新たに家を建てたり、賃貸物件に入居するときはまとまったお金が必要になりますが、もし手元になかった場合はなかなか避難所から出ることができません。避難所は個人的なスペースはほとんどありませんから、精神的にも身体的にも疲労がたまります。復興するためには、被災者の心のケアが必要になりますか、それだけでなく現実的なケアとしては、家を借りたりローンを組むときに利率を低く抑えたりする支援も必要になります。総合的、そして継続的な支援をしてこそ復興ができるといえます。

応援企業

弁護士 能登豊和は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 弁護士 能登豊和
住所 千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル322号室
電話番号 03-3525-4203
WEBサイト 能登豊和弁護士
会社案内 受任事件数が多数にのぼり順調に業務を拡大し続けていて、今後もさらに業務の拡大とクオリティ強化に努めていく。 日本大学大学院法学研究科卒業後に受けた新司法試験で見事合格することができ、広島弁護士会にて弁護士登録を行う。 法的トラブルの解決にとって、一番重要なことは初動を誤らないことだと感じており、初動から適切に対応することを心がけている。 案件依頼者に、よりよいサービスの提供をすることが目標であり、豊和法律事務所を開設した目的でもある。 中学校から大学院まで日大一筋で進学し、大学3年生から司法試験の受験に挑戦するも、13年連続で不合格となり、大学院で学び直す機会を得る。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。