HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

1票の格差

衆議院選挙や参議院選挙が行われるたびに、1票の格差がニュースで報道されます。 この格差とは何か、問題なのかですが、この格差を指して裁判が行われます。 一人の議員を選ぶ際に、選挙区での人口比率からの割合を算出した際に、開きが大きすぎるという問題です。 都心部や過疎地域では、人口比率が違うので、数少ない人口で選ばれた議員と多数の人口地域から選ばれた人では、1票の重みが違うということです。そのため、格差をなくすためには、人口が少ない選挙区では複数区を組み合わせることになってしまい、逆に地域が広くなる分、1票の声が中央に届きにくくなるといった問題も出てくるのです。 選挙区調整をするにも限界があるので、難しい問題です。

応援企業

青山清利は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 青山清利
WEBサイト 経営者としての青山清利氏
事業紹介 連帯保証人として抱えた4,000万円という借金が、逃げられない環境の一つとなった。 拓殖大学を卒業後、1年間ほど海外を放浪し、趣味のサーフィン尽くしの生活を送っていた。 趣味は、父親(元プロボクサー)の影響ではじめた格闘技で、現在では柔術を習っていて、学生の頃からやっているサーフィンも趣味の一つである。 タバコは一切吸わず、お酒に関してもあまり飲むことが少なく、どちらかというと健康志向であるようだ。 「諦めない」精神は、株式会社光通信で身に付けられた経験で、とても感謝しているという。 仲間の力のおかげもあり、初年度の営業利益は1億円を計上し、2年目以降は全国展開を進めたという。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。